REN:港区三田、花、観葉植物




ordermade
切花商品

モスツリー
3,200円(+税)

パキラ(M)
13,000円(+税)
 
創業1919年、東京都内最大級の観葉植物専門店






■住所:〒108-0073 東京都港区三田2-17-16 ダイナシティ三田1F
■tel: 03-3456-0871
■mail:info@ren1919.com
■営業時間:11:00-19:00
■定休日:不定休 ※不定休のお知らせはこちら


・JR山手線,京浜東北線「田町駅西口」より徒歩10分程度
・都営三田線,浅草線「三田駅A3出口」より徒歩10分程度
・都営大江戸線,南北線「麻布十番駅出口2」より徒歩10分程度
・都営三田線,南北線「白金高輪駅出口2」より徒歩10分程度
・都営浅草線,京急本線「泉岳寺駅A2出口」より徒歩15分程度


三田・田町エリアは交通アクセスの利便性が非常に高いことで有名で、銀座・丸の内・渋谷・表参道・青山・代官山・恵比寿・目黒・品川・大崎・台場・芝浦・湾岸エリアなどへの移動も手軽で便利です。
近隣散策おすすめスポットはこちら






創業1919年、史上初のGマーク受賞植物専門店


六本木、白金、麻布からほど近い東京都港区三田に1919年から大型店舗を構える観葉植物の販売専門店です。お洒落で珍しい植物の豊富な品揃えは東京都23区内を含む関東一円の中でも最大級の大型ショップです。REN(レン)についての詳細は公式HPよりご覧頂けます。

デザイン業界御用達としても知られ、数々の有名デザイナーや建築家の方々よりご評価を頂いています。2011年には植物専門店として史上初めてグッドデザイン賞を受賞しました。


創業者 川原常太郎          東京生花株式会社 当時の外観






店舗面積約75平米の広々とした店内には溢れんばかりの観葉植物を、テーブルサイズから大型サイズまで常時100品種以上取り揃え、実際に触れて見て購入して頂けます。

定番のサンスベリアやパキラを始め、人気のあるガジュマルやモンステラなどの管理のしやすい植物から、盆栽の様に見応えあるボトルツリーやバオバブや一点物の変わった多肉植物など希少性の高い植物、またRENオリジナルのコンセプト商品まで、オシャレなインドアグリーンを多種多様にご用意しております。

web上で掲載しきれない一点もの小鉢はinstagramでもたくさん紹介しています。また、特に大きいサイズの植物をたくさんの種類から色々選びたい方にはRENファームがお勧めです。ファームでは店頭には並びきらないサイズの大型植物を豊富に育成しています。






植物商品には全て管理方法が書かれた取り扱い説明書をお付けしております。 RENでご購入頂いた植物に関しましては、電話やメールでの管理方法のご相談、植え替え、株分け、出張診断、等にも幅広くご対応させて頂いております。また保証期間も設けており、万一植物が1週間以内に枯死した場合は当店の診断を経て対象となった物に限り商品の無償交換もさせて頂いております。

「植物を育てるのは初心者で・・・」、「以前に植物を枯らしてしまって・・・」という方も、 RENのプランツケアで心配無用です。 専門店ならではの安心のアフターサポートで、ロングライフな植物との暮らしをサポート致します。






完全予約制のプランツサロンを随時開催しております。「専門家にじっくりと相談して決めたい」 という方のために専門スタッフが個別にヒアリングし適切な植物をおすすめさせて頂きます。

また、お客様のインテリアに合った植物のご提案をさせて頂くプランツコーディネートも承っております。インテリアグリーンにお悩みの方は是非お気軽にご相談下さい。

ご購入頂いた観葉植物の配送サービスも承っております。オフィス用や店舗用やご自宅用にも、気軽なギフト用から新築祝いや開店祝い、移転祝いなどの贈答用にも、ご用途を問わず大きな植物でも安心してご購入頂けます。また法人ギフト専用ページもご用意しております。






RENは史上初のGマーク受賞植物専門店です。
特定の商品や店舗だけではなく、コンセプトや活動を含めたブランドそのものがグッドデザインとして評価を受けました。RENは植物屋ではなく「植物のデザイン屋」として、デザインへの想いを一番大事にしています。

ボタニカルディレクター川原伸晃(REN代表)による監修のもと、専属スタッフがデザインし植え込みした鉢植え商品のみを販売をしております。厳選した産地より直接仕入れをした植物を特性に応じてデザインし、自社内アトリエで1点1点を丁寧に植え込んでいます。それはまるで一点ものの盆栽を設える様に、僅かな傾きやバランスに細心の注意を払い、最適な剪定を施したものだけが商品化されます。花を花瓶に活ける様に、植物を鉢に活ける「いけばち」を提唱し追求しています。